ロチェスト攻防戦:ヒースナイツセザール

開発者のメモが更新されたのでそれの翻訳になります。

URLはこちら

[마영전] 로체스트 공방전: 히스나이츠 세자르
액션 프리미엄, 하이퀄리티 비주얼로 즐기는 프리미엄 액션 RPG. 마비노기 영웅전의 공식 홈페이지입니다.

 

こんにちは。マビノギ英雄伝です。
今日ご紹介する内容は、新規105レベルレイドである「ロチェスト攻防戦」です。

今回の戦闘は、王国近衛騎士の予期せぬ攻撃を受けたロチェストを背景にします。
混乱する戦場で敵の攻撃を防御し、さらにカサール城砦に進軍した敵の首長を撃破することが勝利の目標となります。

 

<ロチェストを守り、敵を倒そう>

 

敵の首長は、力と技術の両方を兼ね備えた「ヒースナイツセザール」です。
ヒースナイツは過去にキアンと関わったことがある精鋭近衛騎士団です。

 

<メイスとハンドキャノンを使用するセザール>

 

セザールはエノクによって強化され、普通の人間は扱うことができないハンドキャノンを自在に駆使します。

しかし、このようなセザールとの本格的な戦闘に入る前に、あなたの視線を奪う要素が一つあります。

盾が描かれた青いゲージであって、これはボスの強靭度を示すゲージです。

<ボスの強靭度を示す青いゲージ>

 

シーズン4から強力なボスは、一定数値の強靭度を付与されます。
強靭度が存在する限りボスは 制圧スキルに対する抵抗力を持つようになります。
ここで制圧スキルとは、ボスに長い硬直をさせるアクティブスキルを指します。
いわばリシタのコメットダッシュ、フィオナのブルーミングバイオレットなどがあります。

ただしボスに長い硬直を与えるすべてのスキルがこれに該当しません。
カロックのクラッシュ、冷たい心臓の状態のベラが使用するレッドアイズなどは、別の条件を持つスキルたちなので、強靭度無関係に使用が可能です。

 

<特別なスキルは従来と同じ感覚で、そのまま使用が可能>

 

ボスにダメージを与えると、ボスの強靭度はどんどん減り、
強靭度がすべて落ちるとボスは瞬間的な硬直に陥ります。

強靭度が落ちたボスは制圧スキルを通じて制圧が可能ですが、
制圧スキルを命中させた後、ボスの強靭度は再び最大値に回復します。
また、いくつかの状況によっては、ボスが自ら強靭度を一部回復する場合もあります。

この強靭度システムはボスとの戦いで緊張感を維持することができ、
また、戦闘の流れが開発陣の意図通り流れるようにするために開発されました。

再びセザールの話に戻りましょう。

セザールはメイスを自由に振り回し近接戦で脅威的な姿を見せます。
メイス攻撃を避けて遠距離に退くとも油断してはいけません。
セザールのハンドキャノンが英雄のすきを狙っているのです。

戦闘が本格的に進むとセザールは 粘着爆弾を利用します。
粘着爆弾が発射されるとき、セザールの動きをよく把握して爆弾が身に付かないようにする必要があります。
安全地帯に移動して粘着爆弾の脅威から脱することが最も賢明な方法であり、粘着爆弾が身についても爆発するタイミングをよく計算すると回避や防御で危機を免れることができます。

 

<粘着爆弾を使用しているセザール>

 

戦闘中盤、セザールは自らを強化し、猛烈に攻撃してきます。
このとき、戦場でセザールを助けるための火炎装置が発動され、攻撃を受けるとやけどをすることがありますので、これに注意してください。

 

<強化されたセザールの攻撃に注意してください>

 

すぐに更新されるシーズン4エピソード1レイド「ロチェスト攻防戦」
皆さんに楽しく面白い経験を提供できるように努力します。
常にマビノギ英雄伝を愛してくださってありがとうございます。

コメント

テキストのコピーはできません。